不妊?と思ったら見るサイト

不妊治療に協力したいけど病院は・・という男性がまずするべきこと

あなたはブリーフ・ボクサータイプ派ですか?トランクス派ですか?

 

男性の側に不妊の要因がある場合が有ります。

 

精液検査で精子が確認できない「無精子症」、精液中に精子が確認できても数がごくわずかな場合や精液が正常に出てこない射精障害、そこまでいかなくとも精子の数が少なめ、精子の元気がない、ED等色々なことが原因となっています。

 

最近は高度医療が進み、無精子症でも妊娠に至ることができるようになりました。

 

現在子供がいる芸能人で無精子症であったことを公表し、その体験を出版された方もいらっしゃいます。

 

無精子症とまではいかなくても、精子の数が少なめだったり元気がない場合その理由は色々と考えられますが、下半身を圧迫することも良くないとされています。

 

そこであなたの下着が問題になってくる訳です。

 

ブリーフ又はボクサータイプの下着の上にきつめのパンツを履き、長時間バイクや自転車に乗ったりしていませんか?

 

下着だけで精子に影響が出ると考えるのは大袈裟ですが、何年も子供が出来ず悩んでいるパートナーの為に、何かせめてもの協力の印としてトランクスへ履き替えるというのはどうでしょうか?

 

近頃は不妊の問題に積極的に関わろうとする男性も多く見られます。

 

一方、女性は治療に意欲的だけれど男性は消極的で、そのことが原因で衝突する夫婦も未だ居られるかと思います。

 

確かに病院で精子を採取する為、ビデオや雑誌の置かれた狭い空間に連れて行かれ、一人モクモクと採取したり、(もちろん自宅で採ったものを病院に持っていくこともできます。)内診時にケージでサイズを測られたりすることはあまり楽しいことではなさそうです。

 

しかし「赤ちゃんが欲しい」という女性の気持ちは、体の奥底から湧き上がってくるようなとても強いものです。

 

その為に色々な努力をしたり悩んだりしているあなたのパートナーのために、男性の気恥かしさや面倒といった気持ちを少しだけ横に置いてみてもよいのではないでしょうか。

 

本来は一緒に病院に足を運ぶというのがベストなのでしょうが、「まだ何となくそれはちょっと・・・」という男性方。

 

おそらくそんなあなたの後ろ向きな姿を見て、口に出さずともあなたのパートナーは心の中に不満を抱いているかもしれません。

 

その状態をほっておくと、いつか火山が爆発するように大きな喧嘩に発展してしまう可能性があります。

 

ですからその前に!下着だけでも替えてみてはいかがでしょうか?

 

些細なことかもしれませんが、「一応協力してくれているんだな」と思ってもらえるかもしれません。

 

そして少しずつ段階を踏んでゆけばいいのです。

 

パートナーとの間に良い関係を保ち続けることが、結果的に「赤ちゃん」との出会いに通じていくのではないでしょうか。